トニナと音羽とスポンジ

先日大雪で、もれなく僕も水換え〜トニナ刈り込みをしました。
このトニナ音羽から持って来て、もう1年半以上は経過してますが
ずっと維持しております。

思えば、銀座が高そ〜だな〜と思っていたら
なんだか文京区音羽に来たらしい・・・HPでセールのリスト見てびっくり・・
「買えるじゃん」と思ったのが、2011年の初夏。
お店に行くようになって、すぐAPAP台の構想を聞き
すぐ注文、たぶん2〜3番目の発注だったと思う。

ゼミもすぐ参加、昔アクアライフでやってたトニナ水槽したい!
と言ってすぐ教えてもらった。
「やってみたい!」をすぐ実践できた。

もうこの株も何代目かな〜
a0241913_23424751.jpg
a0241913_23431691.jpg

おなじみの、必殺のバックヤード(見える!)サテライト!(笑)
a0241913_23432618.jpg

いつでも、躊躇なく放り込めます。だって状態いいからね〜
a0241913_23433326.jpg
a0241913_23434157.jpg


音羽に行って。今でも忘れない。
・すげ〜ワイルドがこんな沢山!
・なんだっ!、この水槽苔まみれ〜?
・このスポンジ。。。ほしい。こんなスポンジなってみたい。何年物??

確か、恐る恐る最初に質問したのも
「なんで?こんなに苔苔してるの?」って聞いた気がする。

そうですね、この状態へ行くまで、水槽丸ごとピッカピカにしてましたから(汗)
a0241913_23435084.jpg

今は「おさかな向き」という都合のいい言葉を授かったので(笑)
苔スポンジをつつく、サエ♀
a0241913_23435771.jpg


今では様々な状態のスポンジを維持しています。

上達の近道、それは素直にまねっこする。
なんで、こんなスポンジになるのか・・分かってくると少し成長。
そのスポンジの年代、状態、歴史が頭に入ったきたら
また成長。(ワインかっ!)

そしてその年の秋(2011年)、エリザベサエが来た。
初めてワイルド見た、そんで5匹買った。
そして更なる衝撃、ミムーが同じ会社にいた(笑)
ブログを始めて、お友達も増えた。
そして今日に至る。
[PR]

by kiyozono | 2013-01-17 00:16  

<< バックヤードその2(恥)&アドケタ メンデジィ〜その瞬間〜 >>